ハイドロキノンの副作用【高配合のコスメでも問題なし?】

ハイドロキノン配合の美白コスメは副作用があるのか?

ハイドロキノン高配合でも副作用が少ないコスメは?

美白効果が高いことで注目を集めているハイドロキノン。しかし副作用もあるとされ2001年に薬事法が改正されるまで、ハイドロキノンは皮膚科医などで処方されるだけで、一般の化粧品には配合されていませんでした。

ハイドロキノンは非常に不安定なため酸化しやすい特徴があります。酸化したハイドロキノンは肌に負担をかけ、肌が赤くなったり、ヒリヒリと痛みを感じることがあります。これがハイドロキノンの副作用といわれるものです。


効果だけでなく安全性も考慮して化粧品を選ぶのが良いでしょう。というのは、肌が炎症を起こすとメラニンが生成されシミの原因となるからです。ちなみに、敏感肌や乾燥肌の方がシミになりやすいのは、外部刺激により肌が炎症を起こしメラニンが生成されてしまうからなんです。


ハイドロキノン配合の化粧品で有名なのはアンプルールドクターシーラボ、そしてビーグレンです。 では、効果と安全性の両面で選ぶならどれが良いのでしょうか?

ハイドロキノン高配合が良いの?

ハイドロキノン高配合の方が効き目がありそうな気がします。 しかし、厚生労働省が推奨するハイドロキノンの濃度は2%以下です。 ハイドロキノンの配合率を見ると、アンプルールが2.5%、ドクターシーラボが3~5%、ビーグレンが1.9%です。
これらを見るとビーグレンは安全と言えそうです。
でも濃度が低ければ効果が薄いのではないかと疑問に思いませんか?
実はハイドロキノンは水溶性なので、皮脂で覆われている人の肌には浸透しにくいのです。だから高濃度にすれば効果が出るというものでもないんです。


国際特許の浸透テクノロジー!

ハイドロキノンで美白効果を得るには、濃度を上げるよりも肌に浸透させるほうが大切です。いくら高濃度にしても肌に浸透しなければ意味がありませんし、副作用もでます。ビーグレンは国際特許にもなっている独自の浸透テクノロジーで、ハイドロキノンを肌の奥まで浸透させ直接シミに働きかけます。だから、効果と安全性を両立できるんです。

ハイドロキノン配合の美白化粧品ならビーグレン

注目の浸透テクノロジー

ビーグレンの特徴は何と言っても国際特許の浸透テクノロジーです。 これは医療分野でもガンの治療に使われるキューソームという技術で、直接患部に美白成分を届けることができます。 ハイドロキノンだけでなく、多くの美白成分は水溶性で肌に浸透しません。 いくらシミを消す効果が認められた美白成分でも、肌に浸透しなければ意味がありませんよね。

シミを消す&予防する

ハイドロキノンは出来てしまったシミの解消に力を発揮すると言われている成分です。ビーグレンはそれ以外にもシムホワイト377という美白成分を配合。シムホワイト377は、シミの予防に最も効果的と言われる成分で、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

ピュアビタミンCを配合

ビタミンCが美白に良いというのは有名ですよね。ビタミンCも水溶性なので肌に浸透しません。そのため、ほとんどの美白化粧品はビタミンCを誘導体として配合しています。ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすい形にしたもので、浸透したあとでビタミンCに変化します。しかし、誘導体にしたものは元のピュアビタミンCよりも効果が落ちてしまいます。ビーグレンは浸透テクノロジーをいかし、ピュアビタミンCのままで肌に浸透させるので、他の化粧品よりもおすすめです。


ハイドロキノンの副作用【高配合のコスメでも問題なし?】について

最近では敏感肌の方が多くなっていると言われています。部屋の中では空気清浄機を使ったり、抗菌作用のあるアイテムを使ったりしているために肌の抵抗力が下がっているとも言われています。そして敏感肌の方は美白化粧品を使っても効果が出にくいそうです。そのため敏感肌用の美白コスメを使うのが良いでしょう。その中でもシミを消す化粧品ならどんなものが良いでしょうか?おすすめの美白化粧品ならこちらが参考になります。シミを消す美白化粧品

美白化粧品はラインで使うものも多いですが、どれか1アイテムを使うとしたら何が良いでしょうか?基準は人それぞれだと思いますが美白美容液 おすすめの人気が高いようです。

美白コスメと言っても、洗顔料、乳液、クリームなど様々なタイプが有ります。特に化粧水をさがしているなら美白 化粧水を見てみると良いです。

最近では洗顔石鹸にも美白タイプのものがあります。シミを消すというのではなく、くすんだ肌を明るくする程度なら美白 洗顔石鹸を試すのも良いでしょう。しっかり保湿し、肌のターンオーバーを促進します。

シミの悩みにはどんな美白化粧品が良いでしょうか?すでにあるシミには、ハイドロキノンなどのシミを消す成分を配合した美白化粧品を使います。予防に向いているものを使ってもシミを消すという目的には時間がかかってしまうからです。